ラクをせずに成功はありません

NOVO CLINIC院長で、NOVO式®メディカルダイエット開発者の龍見昇と申します。
神戸大学医学部を卒業して医師となった後、大学院で博士号を取得して14年間通常の医療に携わってきました。
ところが、現在の医療は根本的に病気を治せていないことに気づき、自分の仕事に意味を見いだせなくなった私は医師の仕事をやめました。
ちょうどその頃に身近にいた人がアトピーだったので、なんとか治せないものかと試行錯誤を始めました。

元々はアトピーを治すためだったのですが、自分もいろいろと試しているうちに、栄養の摂り方で疲れなくなることに気づきました。
それと同時に、痩せる気はまったくなかったのに、少し付き始めていたお腹周りの脂肪が1ヶ月半ですっかり消え、体重が7キロも減ったのです。
「体力にも陰りが見えてきたし、お腹まわりもだらしなくなってきて、こうして歳を取っていくんだなあ」と残念な気持ちでいたところだったので、この変化には気分が上がりました。

周りの人達にも勧めたところ、同じように減量していったのです。
そのノウハウを提供するため、2007年にNOVO CLINICを開業しました。この10年間で500名以上にNOVO式®メディカルダイエットをしてもらっています。

多くのダイエットは努力が必要です。でも、がんばって得たものは、その状態を維持するためにがんばり続けなければいけないものです。ほとんどの人は、がんばり続けることができないので元に戻ってしまいます。そうならないためには、はじめから無理をしてはいけないのです。
NOVO式®メディカルダイエットが、あなたにとって最後のダイエットになることをお約束します。

NOVOCLINIC ドクター龍見昇
NOVOCLINIC 医院長 龍見昇

ページトップへ